愛しい♡我が子は自閉症

愛息子であるナナトは、私たち夫婦の宝物。自閉症のナナトと、ナナトの応援団である家族の、成長と葛藤を綴っていくブログです。

自閉症と診断されるまで〜療育が受けられない〜


療育園に行かないと療育が受けられない地域。




今時、こんな地域もあるんですね。





これだけ発達支援の必要性が訴えられている世の中で。




その地域に住んでいるというだけで。




幼稚園と並行して療育を受けられない地域があるなんて。




私が勤めていた幼稚園の園児の中にも、並行して療育を受けている子は沢山いたので、当たり前に、幼稚園に通いながら療育が受けられると思っていました。





そうではないという事実を知ったのは、プレ幼稚園を退園した後のことでした。





療育グループの先生から突然、




「幼稚園のプレを退園されたと聞いたんですが、また幼稚園を探すつもりですか?」




と言われたのです。





「もちろんそのつもりですが。」





と答えると。





「ナナトくんには療育が必要だと思いますよ。」





と。





え?今更何を?





そんなこと分かってる!





だからここに通ってるんでしょ!





と思いつつ。





「もちろん療育も必要だと思いますので、幼稚園に通いながら療育を受けたいと思っています。」




と答えます。




すると。





「療育を受けたいなら、療育園に通うしかないですよ。」




「療育園も選択肢に入れて、もう一度考えてみてください。」





え?

療育園??




思いもよらない言葉に唖然としていると、クラスのママたちが集まってきました。




別室に呼ぶなどの配慮もなく、声も大きいから注目の的です。




「え?どういうこと?」


「私も知らなかった!」


「もっと早くに言ってほしいよね!」




励ますように、次々に声をかけてくれるママたち。




ということは、療育園勧められたのナナトだけなのね。。。





その日家に帰って、必死で調べました。




幼稚園に通いながら、療育を受ける方法はないのか。




療育グループの先生がないと言っているんだから、あるはずないんですけどね。




案の定。




残念ながら、本当にありませんでした。




我が家から1キロも離れていない隣の市には、並行できる療育施設が沢山あるのに。




市外の療育施設は、市外の子どもは受け入れていないし。




本当にナナトは、療育園に行かないと療育が受けられないんだ。





悔しい気持ちにもなりましたが、悔しがっている時間はありません。




私はすぐに現実を受け入れて、その日のうちに療育園の見学の予約を入れました。




療育園でも幼稚園でもいいんです。



それがナナトにとって、ベストな環境なら。



ナナトの笑顔を引き出してくれる場所なら、どこだって。




療育グループの先生が、ナナトは療育園に行くべきだと思われたのだから。




療育園に通うのが1番いいのだろうなと。




療育園の見学に行くまでは、そう思っていました。