愛しい♡我が子は自閉症

愛息子であるナナトは、私たち夫婦の宝物。自閉症のナナトと、ナナトの応援団である家族の、成長と葛藤を綴っていくブログです。

自閉症と診断されるまで〜落胆した療育園の実態〜

療育を受けたいなら、療育園に行くしかない私の住む地域。




療育園を勧められたその日のうちに予約を取って。




翌週、夫とナナトと一緒に、療育園の見学に行きました。





保育園の敷地内にある療育園は、思っていたよりもずっと小さな、プレハブの施設。





園内に入ると、肢体不自由の子や、ダウン症の子、知的障害の子などが座っていました。





中にはお着替え中の子どももいました。





部屋は薄暗く、先生方の表情も暗く、どんよりとした雰囲気。





私も実習に行ったことがあるので、現場の大変さは理解しています。




それにしても。




見学の私たちがいるのにも関わらず。





ピリピリした空気がすごい。




子どもたちへの言葉かけも、完全に怒っている口調。





先生同士の会話からも、ギスギス感が伝わってきます。




誰一人、ナナトに声をかけてくれる先生はいません。




怖い。。。。




見学の後、園長先生から色々とご説明いただいたのですが。





園長先生も、なんか怖い。。。。






先生方からも、環境構成や施設からも、園長先生のお話からも。




子どもたちへの愛情が感じられず、悲しい気持ちになりました。




とっても失礼ですが。




まるで、こういう施設を作れと言われたから、とりあえず作りましたという感じで。




とてもナナトの発達を促してくれる療育園には思えませんでした。





私は幼児教育を勉強して、色々な園に実習研修に行き、内情を知り過ぎているから。





だからそう感じてしまったのかもしれないとも思いましたが。





夫も同じように感じたようです。




見学に行った後一言、「なんか、暗かったね」と言っていました。




次の療育グループの際に、療育園の見学に行ったことを話し、正直な感想を話しました。




すると。




まだ出来て間もないですから、少し頼りないかもしれないですね。




とキッパリ。




いやいや頼りなさすぎます💦




それでも幼稚園についていけないから療育園に行くべきなの??




療育が必要なのは間違いないから、目を瞑って療育園に行くべきなんだろうか。




幼稚園に行くべきか、療育園に行くべきかは、簡単には答えが出ない問題で。





本当に本当に、ギリギリまで悩みました。