愛しい♡我が子は自閉症

愛息子であるナナトは、私たち夫婦の宝物。自閉症のナナトと、ナナトの応援団である家族の、成長と葛藤を綴っていくブログです。

自閉症と診断されるまで〜夫疲弊の入園式〜


行きたくて行きたくてたまらなかったけれど。




家族のため、お腹の赤ちゃんのため、我慢することを決意したナナトの入園式。




「俺に任せて、のんはゆっくり休んでて」




という夫の頼もしい言葉を信じて。





ナナトの門出を、夫に託しました。





ナナトの制服姿に、すでにウルウルしてしまう朝。





胸のドキドキが止まりません。





いよいよ、小さな社会生活の第一歩を踏み出すんですね。




自分が行くわけではないのに。




なぜだかとっても緊張しました。





私が行かないことを、不思議とも思わないナナト。




夫と手を繋いで歩く後ろ姿が、なんだか頼もしくて。




無事に今日を迎えられた喜びと。





今日までの色々なことを思い出して。





やっぱり行きたかったなという思いも混ざり。





2人を見送りながら、ポロポロと泣いてしまいました。




ナナトの幼稚園は、入園式前に新年度用品を受け取り、記名して。





入園式に大量の荷物を持って行きます。





あの大量の荷物を持って、落ち着かないナナトを追いかけるのは、本当に大変だろうなぁ💦





全く動じない顔で、「行ってきまーす」と出かけて行った夫。





本当に尊敬!!!





2人が出かけてから、入園式のタイムスケジュールを何度も見ながら。




今はお部屋でお話聞いてるかな。


今式が始まったかな。


今頃抱っこされてるかな。




と、ソワソワソワソワ。




時間が経つのがとっても遅く感じました。




そして、愛おしい2人が帰ってきます。





帰ってきたナナトはニコニコしていて。





なんだかまたひとつ大きくなって帰ってきた気がしました♡





そして夫はというと。





なんだかげっそりして。。





一気に老けこんで帰ってきました!!笑





何も言わなくても、ひしひしと伝わってきます。





どれだけ大変だったのか。。。






いやぁー無謀だった。




こんなに大変だとは思わなかった。




と、夫がポツリ。





やっぱり、あの重い荷物を持ちながら、ずーっと抱っこだったそうで。





夫も疲れて多くは語りませんでしたが、語らずとも、目に浮かぶようでした。





ずーっと抱っこだったおかげで、写真もほとんど撮れなかったそうですが。





夫が見せてくれた動画の中には。





夫から離れて、椅子に座って先生の話を聞いている動画があり。





後ろ姿なのにも関わらず、それがなんとも可愛くて。





思っていたよりもずっと長く椅子に座れていて、感動しました!!!





途中はフラフラしたのかもしれませんが。





動画ではちゃんと最後まで自分の椅子に座っていて。




みんなと一緒にさようならのご挨拶が出来ていました。




ご挨拶の後、不安そうに夫を探す顔がまた愛おしくて。





動画を何度も見て、笑っては泣きました。





夫は本当に大変だったでしょうが。





私から見たらもう、想像以上に上出来です!





初めて会う人も沢山いて。





独特の緊張感がある雰囲気の中。




ナナト、本当によくがんばりました!!




無知で無謀だったとはいえ。




嫌な顔ひとつせずにナナトを引率してくれた夫も、本当にお疲れ様♡




疲れてソファでダラダラしている2人を見ながら。




2人をとても誇らしく思った、入園式の午後のお話でした。