愛しい♡我が子は自閉症

愛息子であるナナトは、私たち夫婦の宝物。自閉症のナナトと、ナナトの応援団である家族の、成長と葛藤を綴っていくブログです。

自閉症と診断されるまで〜初めてできたお友達〜

 

双子出産後。




私と双子が退院して、1週間程経った頃のお話です。




ナナトが風邪をひいたので、小児科に連れて行ったことがありました。




小児科の待合室に座っていると。





「ママ!ナナトくんがいるよ!ナナトくんだよ!」




という声が聞こえてきました。




この時期ならではのフルネーム!!




見ると、ナナトと同じ歳くらいの男の子がこちらを見ています。




そして。




「ナナトくーん!やっぱりナナトくんだ!」




と、こちらに駆け寄ってきてくれました。




ナナトは目も合わさず、気配を消そうとしています。
いやいやこんな至近距離で無理よ。




「ナナトくん、風邪ひいたの?大丈夫?」




と聞いてくれる優しい男の子。




この子こそ、後にナナトの心の支えとなる、




ナナトにとっての初めてのお友達。




太陽くん(仮)です♡




太陽くんのお母さんが、




この子がナナトくんなんだ!


1ヶ月くらい前から、毎日ナナトくんの話をするようになって。


ナナトくんのことがすごく気になるみたいで。



同じクラスみたいなので宜しくお願いします。





と話してくれました。




それを聞いただけで、私はもう泣きそうです。




ナナトのことを気にかけてくれる子がいるんだ。



ナナトの名前を覚えてくれたんだ。



ナナトを受け入れてくれてる子がいるんだ。




そう思うと、もう嬉しくて嬉しくて。




太陽くんとお母さんに、何度も何度もお礼を言いました。




太陽くんは、ナナトと遊びたくて一生懸命話かけてくれるのですが。




ナナトは無表情で一切無視!!!




からの、パニック!!!




幼稚園以外でお友達に会って、どうしたらいいか分からなかったのでしょうね。




バイバイ!バイバイ!
(あっちに行って)




と泣き叫びます。




太陽くんごめんなさい。。。




ほら、ナナトくん具合悪くてご機嫌ナナメなのよ。



とお母さん。




そういう訳じゃないんですけどね。



大体ナナメだと思います。



そのうち分かると思いますが。



と思いつつ。




太陽くんごめんね。これからも仲良くしてね。




ちょっと発達がゆっくりなので、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、宜しくお願いします。




とだけ言って、太陽くん親子とは別れました。




それから1ヶ月たたないうちに、ナナトの口から、太陽くんの名前が!!!




もうそれからは毎日。




太陽くんの名前を聞かない日はありませんでした。



ナナトが幼稚園を大好きになってくれたのは、この太陽くんの存在が本当に大きかったと思います。




年中さんでも同じクラスになり、太陽くんは今もナナトのお世話係💦




いつもナナトを気にかけてくれる、優しい太陽くん。




本当に本当にありがとう♡♡♡