愛しい♡我が子は自閉症

愛息子であるナナトは、私たち夫婦の宝物。自閉症のナナトと、ナナトの応援団である家族の、成長と葛藤を綴っていくブログです。

自閉症と診断された日のこと*

ナナト自閉症であると診断されたのは、3歳10ヶ月の時でした。




1歳から療育グループに通い、2歳で検査の予約をしましたが、検査は1年待ち。




1年経った頃には、私が双子を妊娠し。





絶対安静の身になってしまい、予約をズラしていただき。

 


ナナトとの生活が安定したところで検査をしていただきました。




検査名は、田中ビネー式知能検査V。




ナナトはこの日、とても調子が良く。




普段よりとても落ち着いていたと思います。




診察室は初めてでしたが、機嫌よくおしゃべりをしていました。




視線はふわふわとしているものの。




ドクターのお話をおうむ返しするなどしながら、ドクターの方に注意を向けていました。





丸を描いてと言ったら丸を描いたり、二語分の復唱が出来たりと。





私が思っていた以上に、出来た課題も沢山ありました。




よく検査で、いつも出来ているのに、検査では出来なかったという話を聞いていましたが。




ナナトは、ベストを尽くしたと思います。





もしかしたら、追いついてる?




そんなささやかな期待をしてしまうほど。




ナナトは明らかに成長していました。




でも結果は。




知能年齢2歳9ヶ月。





実年齢より、1年以上もゆっくりとした水準でした。





知能指数は、72。




以前簡易検査をしていただいた時より、随分と差が開いていました。




検査が終わると、ドクターが、




言葉がとても増えていますね。




精神的にも、とても安定しているように伺えます。




今の幼稚園が、ナナトくんにとても合っているのだと思いますよ。



これからも、療育は受けずに、幼稚園のみで大丈夫だと思います。



言葉の教室も必要ありません。



幼稚園で沢山の刺激を受けることで、これからもナナトくんはどんどん伸びていくと思いますよ。



今から追いついていくと思いますから、この72という知能指数も、上がっていくと思います。




ではナナトくん、今日はよく頑張ったね!




と話して下さいました。




ドクターは退室する準備をしています。




え?




ナナトは結局、自閉症なの?




診断名はつかないの?




今は1年差がありますけど、幼稚園行ってれば、いつか追いつきますよって話?




一瞬、ほんの一瞬だけ。




期待してしまいました。




でも。




いやまさか。




そんなはずない。




ちゃんと聞かなきゃ。




そう思い直しました。




先生、息子は診断名はつかないのでしょうか?




勇気を振り絞って聞いてみると。



診断名?



お母さんはこの子が何と診断されると思ったのですか?



と聞かれ。



自閉症スペクトラムではないかと思っています。



と、迷わず答えました。




自閉症スペクトラム。




自閉症スペクトラムというのはね。




ここから、ドクターによる、自閉症の説明が始まります。




先生、もう分かってるんです。




自閉症スペクトラムがどんなものかは分かってるんです。




息子がそうなのかどうかを知りたいんです。




と思いつつ。




黙ってドクターの説明を聞いた後、もう一度きりこみます。





それで先生、息子は自閉症ですか?




ドクターは、はっきりと言いました。






はい、自閉症スペクトラムです。





結局自閉症なんかーーーい。






このやりとり何??




これ絶対。




あ、この子は自閉症じゃなかったんだ!




いつか追いつくんだ!




って勘違いして帰っちゃう親子居ますよね?




オブラートに包みすぎ!




伝え方が難しいんでしょうけどね。




絶対分かりづらすぎます。。。





あまりに分かりづらすぎて。





ショックを受ける暇もなくて。





自閉症だと診断される時って、みんなこんな感じなのかなぁ。




と、なんだか拍子抜け。





ナナトが自閉症だと診断された実感が、全く沸きませんでした。